全日本青汁選手権

桑の葉

桑の葉といえば、お蚕様の餌という印象が強い方が多いかと思いますが、養蚕が衰退した現在では実は青汁の原料として注目を集めなおしています。というのも、2世紀ごろに書かれたという中国最古の医学書では既に桑が高血圧や滋養強壮に効果があると紹介されていますし、日本でも鎌倉時代には薬草として使われていました。それくらい効果があるということなのでしょう。

桑の葉には様々な栄養が含まれています。中でも桑の葉特有の成分に1‐デオキシノジリマイシンというものがあります。これはブドウ糖に良く似た構造を持つ成分で、ブドウ糖の吸収を阻害する働きがあります。この働きより、糖尿病予防に効果的であると考えられています。

さらには血糖値の上昇が抑制されることによって活性酸素の発生も抑制できるため、健康、美容どちらの面で見ても有効な成分といえます。桑の葉は緑色植物の中で血糖値降下作用が最も優れているといわれているのです。そのため桑の葉の青汁で体質改善も期待できます。

もうひとつ、桑の葉に含まれる特徴的な有効成分に、GABAがあります。興奮を鎮め、気持ちを落ち着かせる抗ストレス作用をもつ抑制性の神経伝達物質で、体内でも自力で作り出されているものです。しかし、作り出される量には限界があり、現代のストレス社会では体内で作られるだけでは間に合わず、GABA不足になって緊張状態が続くことになってしまいます。桑の葉にはGABAが豊富に含まれているので、不足したGABAを補うことができます。また、GABAには血圧を下げる効果もあるので、高血圧の改善にも最適です。

上記のように、糖尿病や高血圧の予防、リラックスに効果的ですが、さらには便秘の改善にもより効果があるとされています。というのも、1‐デオキシノジリマイシンによって吸収されず腸に残った糖質が腸内フローラの餌となって、腸内環境を整えてくれるためです。桑の葉の青汁も他の青汁と違わず食物繊維も豊富なので、特に効果的であると考えられます。

桑の葉の青汁は食前に飲むのが最も効果的とされています。食前に飲むことで1‐デオキシノジリマイシンの効果が最大限発揮され、無駄な糖質の吸収を抑えることができるためです。糖質が特に気になる方は桑の葉の青汁を試してみてください。