全日本青汁選手権

長命草

ボタンボウフウとも呼ばれるこの長命草は、近年の研究結果により高い栄養素を含有することが実証された、青汁の原料の中でも比較的新しい植物です。とはいえ、沖縄や九州など温暖な地域に自生してきた長命草を、現地の人々は昔から「一株食べれば一日長生きする」といって食してきました。食べれば体調が整うということを実感していたのでしょう。

強い紫外線を浴び、高い気温の中、海風にさらされて育つ長命草は、厳しい環境であればあるほど立派に育ち、より豊富な栄養素を含有するようになります。ビタミン、ミネラル類だけでなく、カロテンやポリフェノールのルチン、クロロゲン酸など、健康によい栄養素が満点です。

例えばビタミンC、ルチン、クロロゲン酸といった成分は強い抗酸化作用をもつので、細胞の老化やがんの発生を抑え、また美肌やアンチエイジングといった美容効果があります。さらにルチンには血管を丈夫にし、収縮させる作用があるため、脳卒中などの出血性の疾患や動脈硬化、さらに高血圧予防にも有効です。クロロゲン酸には中性脂肪を溜めない効果もあるため、メタボリック・シンドロームや糖尿病まで予防してくれます。つまり、長命草には生活習慣病をはじめとした様々な病気を予防し、美肌やアンチエイジングのような美容効果にも期待できるのです。

また、長命草はカルシウムも大変豊富に含有しています。牛乳よりも多いカルシウムを含むとして有名なケールよりもさらに豊富に含んでいるため、骨粗しょう症予防、またストレスなどでイライラしやすいという方にも長命草の青汁はおすすめです。

昔から食されてきた自然の植物なので、長命草の青汁を飲むに当たって特に注意しなければならないことはありません。ただし、他の青汁と同様にカリウムを豊富に含んでいるため、腎臓の機能が弱っている方は推奨量を守り、高カリウム血症には注意するようにしましょう。

また、長命草はセリ科の植物のため匂いが独特で、他の青汁に比べて飲みにくいという傾向にあります。本来嗜好品ではないので多少の味の悪さは仕方ないとはいえ、青汁は長期的に飲んで初めて効果が実感できるものです。どうしても飲めないという場合には、他の材料とブレンドしてある飲みやすい青汁を選ぶようにしましょう。