全日本青汁選手権

ユーグレナ

ユーグレナと聞くと何か分からなくても、ミドリムシと聞けば学生時代の生物の授業を思い出すという方は多いのではないでしょうか。

植物と動物、ふたつの性質を併せ持つ不思議な生き物です。ミドリムシだけで59種類もの栄養素を含有し、人間が生きるのに必要な栄養素のほとんどをミドリムシで補うことができるとまでいわれています。そのため、現在では植物だけでなく、このミドリムシを使った青汁が販売され始めているのです。

ミドリムシを青汁に使うメリットはふたつあります。ひとつは、ミドリムシが植物だけでなく動物特有の栄養素まで含有しているということ。一般的な青汁は緑色野菜のみを使って作るため、野菜に含まれるビタミンやミネラル類といった植物性の栄養素は豊富に摂取することができますが、動物性の栄養素を摂取することができません。しかしミドリムシを使った青汁なら、ビタミン、ミネラルに加えて不飽和脂肪酸といった魚に多く含まれる栄養素も一緒に摂取することが出来るのです。青汁で置き換えダイエットをしようというような場合には、より多くの栄養素が含まれているミドリムシの青汁はうってつけといえるでしょう。

もうひとつのメリットは、ミドリムシは細胞壁を持っていないということです。植物は動けない体で自立し、雨風に吹かれても簡単には折れないようにするため、個々の細胞が細胞壁で丈夫に覆われています。しかし、この細胞壁が栄養の吸収の妨げになってしまうため、せっかく青汁で栄養を摂取しようとしても無駄が多くなってしまうのです。ところが自分で動き回ることも出来るミドリムシには細胞壁がありません。一般的な植物の吸収率の1.5倍~2倍もの吸収率を誇り、無駄なく栄養を摂取することができるのです。また、細胞壁がないことにより、青汁の特徴である食物繊維をミドリムシから摂取することができないのですが、その代わりにパラミロンというミドリムシ特有の成分が含まれています。食物繊維と同様に腸内の不要物を絡め取って便と共に排出する働きがあるので、食物繊維が足りないと心配する必要もないのです。

ミドリムシ自体が近年まで培養方法が分からず研究されていたため、まだ商品数が少ないこと、一杯あたりの価格が少々高めなことがデメリットとして上げられます。しかしその栄養価と吸収率の高さは非常に大きいので、気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。