全日本青汁選手権

大麦若葉

青汁に使われる主な原材料のうちのひとつ、大麦若葉。青汁によく使われるだけあり、非常に多くの栄養を含有しています。大麦の中でも若葉だけを使うのは、その頃が最も栄養価が高いためです。大麦若葉は明日葉やケールと比べると特別どの栄養を多く含んでいるということはありませんが、その代わりバランスよく含んでいるというのが特徴です。なんとなく野菜不足かな、という方にはとりあえず大麦若葉の青汁をおすすめしたいところ。ケールに比べて非常に飲みやすい味をしていることからも、初めての青汁にうってつけなのです。

また、特別多く含んだ栄養素はないと述べましたが、大麦若葉にはそれ以外にひとつ、特筆すべき成分を含んでいます。それがSOD酵素という成分です。スーパーオキシド・ディスムターゼ酵素の略で、スーパーオキシド=活性酸素を不均化(化学反応の一種、ここでは無毒化)する酵素という意味になります。

そもそも活性酸素とは体を外界の刺激から守るためにある、本来必要なものなのですが、煙草や紫外線、食品添加物の摂取や大気汚染などにより、必要以上に発生しやすくなってしまっているのが現状です。そうして活性酸素が増えすぎてしまうと、本来体を守るはずのものが今度は傷つけるようになってしまうのです。活性酸素によって細胞が傷つけられるとしわやシミといった老化に悪影響を与え、また染色体異常を引き起こすため、がんになりやすくするともいわれています。

これを無毒化してくれるSOD酵素は美容にも健康にも有効な力を持っているのです。SOD酵素は体内でも作られますが、現代社会では不足しがちなうえ、年齢とともに減少していってしまいます。このSOD酵素を多く含んだ野菜は日常の食事からではなかなか摂取することがないため、青汁で栄養と一緒に補うことができれば一石二鳥ですよね。SOD酵素の過剰摂取による副作用の報告は上がっていないため、心配の必要もありません。ただし、酵素は熱に弱いため、もしホットの青汁を飲みたい場合は、飲む直前に暖めた牛乳や白湯に混ぜるようにしましょう。