全日本青汁選手権

すいおう

青汁の原材料は様々ありますが、最近すいおうを使用した青汁が販売されるようになっています。そもそもすいおうとは何かご存知でしょうか。

すいおうとは「翠王」と書く、つまりは緑の王様なのですが、その正体は茎や葉を食べられるよう品種改良されたサツマイモです。もともとサツマイモの葉や茎にはたくさんの栄養が含まれていますが、アクが強く苦味があって食べにくいため、食用とされることがありませんでした。しかし高い栄養価があるのに食べられないのはもったいないと、食用に開発されたのがこのすいおうなのです。

一部の地域でしか栽培されていないため、すいおうを使った青汁は少ないですが、実はその栄養価はケールに勝るとも劣らない豊富さを誇ります。特に鉄分や食物繊維が豊富なため、貧血や便秘に悩むことの多い女性にはうってつけです。

また、ルテインという植物の色素成分を豊富に含んでいます。このルテインはブルーベリーのアントシアニン同様、目にとって非常に良いとされる成分なのです。視力低下や眼精疲労、白内障などといった目のトラブルを予防してくれます。紫外線やブルーライトといった有害な光線から目を守ってくれ、また抗酸化作用も持つので、例え防ぎきれなかった紫外線が細胞に侵入しても、発生した活性酸素を除去してくれます。

一日の必要摂取量は6mgと、およそほうれん草の3分の1束で十分なため、普段から緑色野菜を豊富に食べる方であれば気にする必要はないかと思います。しかし さらに1日2mg/kg(体重50kgであれば100mg)までは摂取しても問題はないとされているため、一日の推奨量を超えなければ過剰摂取の心配はありません。

しかもルテインは体内で生成することができない成分です。普段から野菜不足という方はすいおうの青汁も試してみてください。